IT導入補助金を利用してECサイトを立ち上げ・引っ越しをしよう!

IT導入補助金

こんにちは!

今回はD2C・リピート通販 超特化型ASPカートである楽楽リピートを導入するにあたって、お得で特別な情報をお送りしたいと思います!

それは何かというと、「IT導入補助金」を利用すると最大で450万円が補助して頂けるのでコストを削減して自社サイトASPである楽楽リピートを利用しECサイト立ち上げ・引っ越しが出来る!というものです!

IT導入補助金の補助額

IT導入補助金 補助額

最大で3/4も補助が出るだなんて魅力的ですよね!IT導入補助金は楽楽リピートの年間のプランとして1年分の費用をお支払い頂くことになるのですが、見積額が600万円だった場合は450万円が補助として補助される為、負担額は150万円となります!

ちなみに見積額の中には楽楽リピートの利用料金以外にも、ホームページ制作の費用や、現在利用している自社ECサイトのデータ移行の料金も含めることが可能です。

例として、これまでIT導入補助金を利用して楽楽リピートを導入したお客様の事例を2つあげさせて頂きます。

導入事例

IT導入補助金 ホームページ制作費用 自社ECサイトお引越し費用

現在ECサイトの立ち上げを考えている方や、自社ECサイトのお乗り換えをご検討頂いている方は是非この機会にご検討頂けると嬉しいです。

新型コロナウイルスの影響もあり、これからはECに注力していきたい!よし、ECサイトの立ち上げを検討しよう!…でもシステムの利用は費用がかかるものだし、金額抑えて導入したい…という場合や、導入金額の負担を少しでも抑えて楽楽リピート利用出来るなら検討する余地あるかも!と考えて頂ける方にとってはとてもマッチすると思います!

そもそもIT導入補助金って何?という方もいらっしゃると思いますのでご説明させて頂きます!

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは事業者のみなさまのために、国の政策目的がありますが、目標を達成するためには、その目的にあった事業を、事業者のみなさまに、取り組んでいただくことがとても重要です。「補助金」とは、そのような事業に対して実施のサポートのために給付するお金のことです。補助金を給付することを「補助金を交付する」といい、企業、民間団体、個人、自治体などの事業者の方々が交付を受けられます。補助金を交付することにより、事業者の取り組みが拡がり、ひとつひとつの事業展開・拡大をサポートすることで「効果」を大きくしていくことがねらいです。

 

現在定期通販に特化した自社サイトを利用することを検討している方が楽楽リピートを導入する=事業の目的を達成するということになり、楽楽リピートを導入する費用をサポートするために給付してくれる、という流れになります。

そしてIT導入補助金の申請タイミングですが、今回のIT導入補助金のスケジュールは2週間ごとに発表されており、大変チャンスです!

IT導入補助金のスケジュール

IT導入補助金 スケジュール

5次までは発表されていますが、5次以降のスケジュールは発表されていない為、IT導入補助金を利用したい方は、この機会にご検討頂けると幸いです。

IT導入補助金の採択率

IT導入補助金に興味はあるけど、採択率低いんじゃないの…?通る可能性が低いのなら利用するメリットないな~と思われている方!確かに、一般的に公表されている通過率は30%程度と言われておりますが、弊社は提携している凄腕の中小企業診断士の指導の元、交付申請のサポートを頂けるため、3年間連続採択率100%なんです!!!

よし!それじゃせっかくのこの機会にIT導入補助金を利用して楽楽リピートの導入を検討しよう!…でも楽楽リピートってそもそもなんだっけ?という方に念の為ご説明をさせて頂きます。

楽楽リピートとは

リピート通販・D2C “超” 特化型カートシステム 定期通販で売上を上げていくために必要なカート・CRM・ステップメール・受注管理・顧客対応など、 “一気通貫”で対応できるシステムです。

配送方法の設定やデザイン管理が行えるサイト構築や、受注管理やメルマガ配信を行える店舗運営、データ分析や広告効果測定を行える分析機能、フォーム一体型LPや封入物、ステップメールが行える売上対策が盛り込まれて自社サイトを作成出来るサービスです。

楽楽リピートをもっと詳しく知りたい方はこちら

関連記事

  1. 【封入物管理】封入物機能を利用し定期継続率UP!応用編

  2. 【基本機能】マイページ設定を利用してお問い合わせ削減!

  3. 【封入物管理】封入物機能を利用し定期継続率UP!応用編

  4. 【封入物管理】封入物機能を利用し定期継続率UP!初級編

  5. 【便利機能】楽楽リピートではWEB納品書・WEB領収書機能が標準搭載さ…

  6. 【EFO機能強化】電話番号の種別毎の入力漏れの確認に対応!