CRMカスタマイズ


徹底したCRM・データマイニング機能

なぜCRMが必要なのか?

ネットショップでもっと売上を上げたい貴方へ。
初めての方にも、もう1段上を目指す方にも、
使いやすく本格的なCRMシステムがここにあります。

CRM 【 Customer Relationship Management 】とは

CRMとは、主に情報システムを用いて顧客の属性や接触履歴を記録・管理し、
それぞれの顧客に応じたきめ細かい対応を行うことで長期的な良好な関係を築き、
顧客満足度を向上させる取り組み。また、そのために利用される情報システム(CRMシステム)。

リピーター増、リピート率のアップ
LTVの最大化を目指すためにCRMが必要です。

  • 高い広告費をかけて取った新規客が
    リピートしてくれない
  • 格安または0円でお試し商品を配ったけれど、
    そこから本品・定期商品に
    繋がっているかがわからない。
  • 広告費がかさむばかりで利益率が伸び悩んでいる

『楽楽リピートのCRM』は、
ECに特化した分析データが簡単な操作で取得でき、
通販のLTV(顧客生涯価値)を理解して、
リピーターを獲得できる
CRMシステム / ステップメール配信システムです。

  • 新規とリピーターの割合や、リピート率が把握できる
  • LTVが算出できる
  • 購入回数や優良ランクなど顧客分析ができる
  • お試しからの引上げ率をアップさせる
  • 定期購入の継続率をアップできる

①新規とリピーターの割合は把握していますか?
②商品のリピート率は把握していますか?
③クロスセル・アップセルに対する調査・施策は出来ていますか?

「CRMや分析は難しい」と思っている方へ。

まず、Plan(計画)→Do(実行)→Check(分析・評価)→Act(改善・処置)
=PDCAサイクルを実施しましょう

「商品販売方針を決定し(P)、これを元に販売を行い(D)
販売方法や品揃えに不備・無駄な点がないか分析・評価し(C)、
あればこれを改善する(A)」という風に
商品の売り方をよりよく改善していく方法です。

アシスト店長・分析システムを使ってのPDCA例
「Action(改善)」は、「Check(分析・評価)」の後にあります。

「Plan」と「Check」の部分に分析データが必須となります。
例えば「どんなお客様が購入されたのか」を知るために
性別・年代・今までにどんな商品をどんな頻度で何回購入しているか
初めてのお客様かどうかなど知る。
その上で次の戦略を立てれば、無駄な「DO」を減らし、
時間を節約することができるのです。

また「分析」によるPDCAサイクルは、
1回限りのトライでできるものではなく
関係者全員が日常的に意識し継続して行うことで
少しずつレベルが高まっていくものなのです。

分析は「システムを入れておしまい」というプロジェクトではなく
継続的に充実・高度化させていくものであり
「粘り強くやり続ける」取り組みです。

それには、確実なデータをスピーディに
且つわかりやすい状態で出せる、
正しいシステムを選ぶ事が重要なのです。

『楽楽リピートのCRM』なら、
ECに特化した分析データが
簡単な操作で取得でき、
戦略に沿ったステップメールが配信できます。

アシスト店長・CRMシステム機能一覧

RFM分析

RFM分析

購買履歴より、最新購入日(R)、購入回数(F)累計購入金額(M)より顧客をRFM分析してセグメント化が可能です。優良顧客や休眠顧客状態をすぐに把握できます。

CPM分析

CPM分析

お客様の過去の購買行動・購買履歴から、10パターンに分類し、それぞれへ最適な施策を行う分析方法。お客様の過去の購買履歴を元に、「購入金額」「在籍期間」「離脱期間」の指標から分析します。

アシスト店長CRM・注目機能

顧客別ABC分析

顧客別ABC分析

顧客別に「販売総売上」「粗利総額」「販売商品数」の多い順(降順)に並べて表示し、購入者の分析(ABC分析)を行なうことができます。

顧客リピート集計
リピート率分析

顧客リピート集計、リピート率分析

  • ■新規顧客抽出
    指定期間の注文から、新規顧客を抽出。指定店舗での新規と全店舗での新規顧客を確認できます。
  • ■リピーター抽出
    指定期間より前に購入履歴がある顧客を抽出。
  • ■2回目購入顧客抽出
    指定期間より前に1度だけ購入し、指定期間内に2回目以降の購入があった顧客を抽出。
  • ■初回購入後リピート分析
    指定期間内の初回購入後、指定日数以内でのリピートを集計。日数の指定が必要

ステップメール機能

『楽楽リピートのCRM』は、
低価格でECに特化した
ステップメール機能付のCRMシステムです。

現在、市販されている分析ソフトの多くは、
数百万円から数千万円が相場の、非常に高価なソフトとなっています。
これに対し、弊社は月々1万円からの利用料で分析システムを提供します。
EC特化型でわかりやすいインターフェイス。
誰でも使えなければ、いいシステムとは言えません。

『楽楽リピートのCRM』は、
低価格でECに特化していて
カスタマイズもできる
ステップメール機能付のCRMシステムです。

楽楽リピートCRMでは、御社の運用に合わせて
カスタマイズが可能です。
また一部の機能のみのご利用、
段階を踏んだ導入も可能です。

そのシステムを導入することで、生産性をどれだけ改善できるか? がシステム選びのポイントとなります。
ただし、システムを入れ替えるとなんでもできると思いがち。
運用フローの見直しとシステムが合致して初めてそれは達成されます。
サポートにて導入時に十分なヒアリングをし、
最適な運用フローに変更を提案できるようにというのが我々の目標です。

『楽楽リピートのCRM』は簡単操作。
例えば『楽楽リピートのCRM』を使うと
こんな分析ができます。

アシスト店長・CRMシステムを使ってのPDCA実例

まず、新規・リピート顧客の割合を把握します。

①新規とリピーターの割合を把握

1.顧客管理 > CPM分析に入り、対象年月を前月に設定し、[分析結果の表示]ボタンを押し表示された結果を確認します

新規顧客 = 初回現役客 + 初回離反客
リピート顧客 = 100% - 新規顧客の割合

分析結果の表

さらに過去半年間で何割の顧客が2回目の購入をしてくれているのかを知りましょう。

②新規顧客が2回目の購入を行う確率を見る

初回現役客 → よちよち現役客の箇所(50%以上が望ましい)

人数推移率

また、現在のリピート顧客が1つの商品で何回程度リピートしてくれているのかを把握しましょう。

③商品ごとのリピート回数表示を見る

1.分析管理 > 分析ツールで[商品別分析]タブを選択、購入店舗を選択し、
 集計を行う期間(対象期間)を設定し集計を行います。

2.表示された結果を確認します。
 (2回目 ÷1回目を行うと割合を出すこともできます。)

商品別分析結果

■リピーターの数が少ない

初回購入者へのフォローを見直しましょう。
・ステップメールによる使い方の提案、情報発信
・特別クーポンの発行
初回購入日より3ヶ月以内に2回目購入を促すのがポイントです。

■リピート率が極端に低い

1年に3回程度リピートしてもらえるような商品設計になっていますか?
一度商品自体を見直してみましょう。

■リピート率がまずまずの場合

もう一度LTV&広告費の見直しを行いましょう。

通販を始めたばかりで先が見えない中、
毎月何万円も広告をかけることほど不安なことはありません。
LTVから算出するCPAと、実際のCPAを照らし合わせることで、
より費用対効果の高い広告を選定することができます。

④LTVの算出方法

1.顧客管理 > CPM分析に入り、対象年月を前月に設定。表示された結果を確認します。
 現在も継続してくださっているお客様でのLTV=より正確な数字が表示されます。

LTVの算出方法

アシスト店長・CRMシステムを使ってのPDCA実例

現在在籍中のリピート顧客をさらに細分化しましょう。
お客様に合った商品の提案を行いましょう。

■イマイチ3回目の購入につながっていない

クロスセルのタイミングが早すぎませんか?
まだお客様は成長段階、せめて3回目までは
購入いただいた商品の使い方を提案しましょう。(着こなし術など)

①購入回数ごとの顧客数を見る【新規顧客】

1.購入回数を[1回~1回]に設定します。

購入回数ごとの顧客数【新規顧客】

2.検索ボタンを押下した検索結果=新規顧客の数

新規顧客の数

②購入回数ごとの顧客数を見ます【各購入回数ごと】

1.顧客管理 > 顧客一覧から検索条件を設定します。
 対象店舗を選択、購入回数を入力します。 例)2回以上、3回未満の顧客数

購入回数ごとの顧客数【各購入回数ごと】

2.検索ボタンを押下した検索結果=指定した購入回数の顧客数

指定した購入回数の顧客数

③購入回数や購入累計額を一覧で表示します。

1.分析管理 > 分析ツールで購入店舗を選択、集計を行う期間(対象期間)を設定し集計を行います。

2.顧客別ABC分析で並び順を「購入回数」順に設定し集計を行います。

顧客別ABC分析集計

■進めている商品が趣味・嗜好に合っているか

すでに何度も購入頂いているリピート顧客の同時購入商品を調べ、
まだ未購入のお客様にも勧めてみましょう。
ステップメールで「Aを買ってまだBを買ってない人に、Bを買うまで送る」
というシナリオを設定し、メールを送ります。
重要なのは、ステップメールを送った結果どうだったのか(PDCAのC)を
正確に分析することです。

④シナリオを設定します。

1.メールテンプレートを作成し、日付の設定、その後のSTEPの設定をします。

シナリオを設定

2.設定が完了したら、ステップメールが自動送信されます。
 クリック率や開封率をチェックし、分析に活かしましょう!

「楽楽リピートCRM」は、
RFM・CPM分析結果も含めた
優良データが揃えられます。
また、より確実な分析データを取るには、
より多くの顧客情報が必要です。

時代に乗り遅れないために、
さぁ、今すぐ始めましょう!

定期購入・単品通販・リピート通販を成功に導くために必要な機能がフル装備されたショッピングカート付きECシステムです。
CRM・EFO・ステップメールなどももちろん標準装備です。
  • 〒910-0015 福井県福井市二の宮2丁目28-38
  • TEL 0776-22-8838/FAX 0776-22-8873

このページの先頭へ